So-net無料ブログ作成

「先鋒書店」―南京のインテリさん御用達 [日記]

「先鋒書店」―南京のインテリさん御用達

IMG_2665 (427x640).jpg
多分60年代にソ連との戦争を考えてのことだろう。広州路には五台山の麓を掘り起こした防空壕がある。それが今ではビリヤード場やバーに変身している。その元防空壕中にこの書店はある。南京の文化センター南京大学の近く。ということで、店には学生や教師の姿が多い。何より店の老板自身が南京大学の出身である。こう言っただけで、書籍の豊富さは想像できよう。一般書店には見られないポストモダンなどの先端(まさにアバンギャルド=先鋒)文学・思想関係の本が汗牛充棟だ。日本のジュンク堂や丸善を想像されたい。
IMG_2666 (640x427).jpg

老板は文化活動にも熱心らしく、著名な文学者や研究者を呼んで店内で講演会を開催している。その一環として日本人の留学生が日本文化を紹介したこともある。特記すべきは、日本関係の書籍が多いことである。「日本語コーナー」が本棚の一角に設けられており、日本人・日本文化論の古典の中国語訳、日本の歴史物語、日本滞在経験者による日本についてのエッセーなどが目を惹きつける。 
IMG_2670 (640x427).jpg

店内には読書席もあり、静かな雰囲気の中で買ったばかりの本を、時間を気にせず熟読することができる。さらにゆったりとした気分に浸りたい人のためには喫茶コーナーがあり、コーヒー、紅茶をすすりながら自分だけの時間を過ごすことができる。
IMG_2673 (640x427).jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。